坊や

電子書籍ならモビぶっく


【電子書籍のデメリット】電子書籍が紙媒体と比較しておすすめできないケースまとめ

電子書籍より紙の本?電子書籍のデメリット

電子書籍を使っている人がいるけれど、デメリットはないのか?と気になる方も多いのではないでしょうか。日本では電子書籍の利用者の割合は35%ほどで、残りの65%の人はまだ紙の本を利用しています。しかし、電子書籍の市場は上昇傾向にあり、今後も確実に伸びていく市場です。

それでは、メリット以外に電子書籍には紙媒体に比べて、どんなデメリットがあるのか知っていますか?また、紙の本と電子書籍はどう使い分けるのがいいのでしょうか。

ここでは、どのような場合に電子書籍はおすすめでないのか?電子書籍がデメリットになるケースをメインに紹介していきます。

紙媒体と比べた電子書籍のメリットとデメリット

複数の書籍の持ち運びには、電子書籍が便利な一方、電子書籍にも紙媒体と比べ、メリットとデメリットがあります。ここでは、電子書籍のメリットとデメリットをご紹介していきます。

・紙媒体と比べた電子書籍のメリット

本を読むのが趣味といった方や多読する方には、電子書籍であれば何冊分の本も端末に保存することができるため、持ち運びに便利というメリットがあります。

価格に関しても、紙媒体の本に比べて安く購入できる場合があります。したがって、モビぶっくのようなあらゆる端末で電子書籍が楽しめるサイトは、紙媒体よりも安く手に入れられて、本の場所も取らないと人気になっています。

・紙媒体と比べた電子書籍のデメリット

電子書籍の中でも、Kindleに代表さえるような書き込みや付箋の機能がある電子書籍もありますが、やはり紙媒体の方が書き込みや付箋も一目で見やすく管理できるという点があり、そこは電子書籍にとってデメリットとなっています。

また、電子書籍は紙媒体に比べ、目が疲れやすいく、疲労がたまりやすいというデメリットもよく聞かれます。

デメリットでみる「電子書籍」と「紙の本」の使い分け

電子書籍のデメリットも洗い出してきましたが、しかしやはり電子書籍の使い勝手の良さは事実です。では、電子書籍と紙の本をどのように使い分けるのが良いのか?を解説していきます。

基本的に、電子書籍は通勤中や外出時に利用、紙の本は家で利用する使い分けがおすすめです。通勤中や外出時は、できるだけ荷物を軽くしたいですし、マーカーなどを通勤中に引くのも難しくなる点がデメリットです。

一歩、家ではできるだけリラックスした環境、目が疲れにくい状態をつくるために紙の本がおすすめです。

就寝前の読書には、電子書籍の画面を見ずに済むよう、紙の本にするなどの使い分けがおすすめです。

電子書籍は出版社にデメリット?

書籍を電子化する際に、紙版の権利処理が終わっていても、電子化の際に新たに権利処理を行わなければならない点が一番のデメリットになります。

出版社にとっては、費用が掛かるだけでなく、新たな権利処理の時間と手間が掛かりデメリットとなります。したがって、大手の出版社には電子化は難しいことではありませんが、小さな出版社にとっては、売上やコストの問題から、電子化するにはデメリットが多いのです。

電子書籍のおすすめできないタブレット・端末

電子書籍を使用する際にどのようなタブレットや端末が良いのか?をまとめました。

・電子書籍の利用でタブレット端末がおすすめできないケース

外出する際に、スマホ・タブレット・電子書籍リーダーと3つも持ち運ぶのはたいへんですよね。電子書籍リーダーの場合、タブレットの機能を含んでいない点がデメリットです。

基本的に、日常生活の中で、スマホを使っていて、本を読む時だけ、電子書籍を使いたいという場合は、高価なタブレット端末よりも電子書籍リーダーを選ぶ方がデメリットは少ないです。

・電子書籍でAndroidよりもiPhoneがおすすめな理由

電子書籍を読むのにiPhoneがおすすめです。結論から言いますと、iPhoneで使える電子書籍アプリの方が、Androidよりも多い為です。もし、アプリではなく、電子書籍サイトから電子書籍を読む場合には、どちらでも問題ありませんが、特定の電子書籍アプリを使用したいという方は注意が必要です。

自分の使用したいアプリが、Androidでも使えるのか事前に確認するようにしましょう。

電子書籍で漫画の無料読み放題には注意が必要!?

漫画の読み放題を提供している健全なサイトもある一方で中には、違法なサイトもたくさん存在しています。

無料で漫画を読み放題と謳っていた違法なサイトからの漫画を閲覧したことにより、「スマホの中のデータがすべて消えた」などの事象があり、自分がデメリットを被ることもあるので、ご注意ください。

無料の漫画読み放題を謳っているサイトがあれば、違法でないか確認して利用する必要があります。読み放題のために大きなリスクを背負うよりも、モビぶっくのような安全に利用できる電子書籍サイトの利用がおすすめです。

電子書籍で漫画レンタルはおすすめできない理由

電子書籍の漫画レンタルは、一時間100円~など、低価格のサービスがあります。このサービスは、数冊程度の漫画を電子書籍で読む方にはメリットですが、1つの漫画タイトルでも何十冊の巻数があることがほとんどです。

そうなると、結局何十冊もの漫画を読もうとすると、漫画レンタルでは高額になり、デメリットになることがほとんどなのです。

もし、シリーズの長い漫画タイトルを読むなら、モビぶっくのような月額登録の電子書籍サイトの方がデメリットは少なくなります。

おわりに

紙媒体の本に比べて、電子書籍は注意して利用しなければならないことも多いようです。電子書籍は非常に便利ではありますが、使用する際には、デメリットを理解したうえで利用するようにしましょう。

関連記事

電子書籍をブラウザで読むメリットデメリット!アプリ不要のおすすめ...

モビぶっく(Mobi-Book)は人気&話題の漫画(マンガ)・コミック/電子書籍読める総合書店です。

電子書籍の総合書店モビぶっくです。スマートフォン、タブレット、パソコンなどあらゆる端末で電子書籍がお楽しみいただけます。無料・試し読み漫画(マンが)が満載し、人気&話題のマンガ・無料コミックを毎週更新します。