坊や

電子書籍ならモビぶっく


電子書籍は経費で落とせるのか?領収書はもらえる?電子書籍の会計処理の方法

電子書籍は経費になるか?

個人事業主の方や、作家さん、漫画家さん、会社員の方、みなさん最近は仕事に必要な本を電子書籍で購入したい場合も多いでしょう。でも、電子書籍は経費で落とせるのかよく分からなくて、「今までとりあえず紙の書籍を買っていたという方」という人や、「会社に聞くのが面倒なので、自分のポケットマネーで支払っていた」という人もいるかもしれません。でも、それはもったいないですよ!今回は、電子書籍を経費で落とす方法をお教えいたします。

電子書籍を購入したら経費のための領収書はもらえる?

電子書籍を購入したら、紙の本と違ってどのように領収書を貰えば良いのか悩む人もいるかもしれません。しかし、電子書籍ストアで購入しても領収書はしっかり貰えるので安心してください。

・電子書籍ストアで領収書を発行する方法

多くの電子書籍ストアでの基本的な領収書発行方法は以下です。

【領収書発行方法】
  • ①電子書籍ストアにログインする。
  • ②注文履歴or 注文状況の確認画面に移動する。
  • ③注文履歴or 注文状況の確認画面に、領収書発行ボタンを押す。

もし、領収書の発行方法がわからないときは、お問い合わせから聞いてみるのがおすすめです。

 

・電子書籍ストアで領収書を発行する際の注意点

電子書籍を経費で落とすために注意しなければならない点も紹介します。まず、電子書籍ストアで領収書を発行すると、会社の捺印がされないことがほとんどです。または、捺印がされても、電子印になります。勤めている会社で、経費として計上する際は領収書に捺印が必要などのルールがある場合はご注意ください。

さらに、電子書籍ストアによっては、購入時にポイントやクーポン、ギフトカードなどを使用すると、領収書にそれが記載されてしまう場合があります。どのような形式で領収書が発行されるかは、電子書籍ストアによっては、ウェブサイトで形式を確認できる場合もありますので、心配な人は、事前に確認してみてくださいね。

個人事業主や漫画家が電子書籍を経費として落とすときの科目は?

もし、電子書籍を経費として落とすなら、科目は何になるでしょうか?個人事業主さんでも漫画家さんでも、自分の事業に関係がある電子書籍を購入したのなら、「新聞図書費」という勘定科目で会計処理することができます。ただし、当然ですが自分の事業に関係のない本を買っても、「新聞図書費」という科目で経費を落とすことはできません。注意しましょう。また、基本的には「新聞図書費」で仕訳することができますが、利用目的によっては「接待交際費」「雑費」など科目が変わります。 

【個人事業主さん向け】電子書籍を経費として会計処理する

最近はフリーランスなどの個人事業主として、働く人も多いですよね。では、どのような内容の電子書籍まで経費として会計処理できるのでしょうか?経費として会計処理をするには、それぞれの個人事業主さんの事業に関わる書籍であるかどうかが重要になってきます。たとえば、ウェブデザイナーの人であれば、勉強のためにウェブデザインの本を買っても会計処理できます。さらに、最近はやりのYouTuberの人であれば、自分の動画の中で漫画を紹介したいのであれば、漫画を経費として会計処理が可能です。とにかく、自分の職業と関連のある内容の電子書籍であれば問題ないのです。具体的に会計処理する際には、これらの電子書籍は「図書新聞費」という勘定科目で会計処理されることになります。 

【漫画家さん向け】電子書籍を経費として会計処理する

漫画家さんも個人事業主として、働かれている方も多いですが、漫画家さんが購入される電子書籍は特殊であることも多いので、個別に解説していきます。たとえば、漫画家さんの場合は、他の漫画家さんの作品を電子書籍で読んで勉強したり、雑誌から作品に必要な情報を得るという場合も多くなるでしょう。または、日々の時事ネタを電子新聞から勉強することもあるのではないでしょうか。漫画、雑誌、新聞、どれも電子書籍で購入しても経費として会計処理することが可能です。こちらも、会計処理する場合の名目は、「図書新聞費」となります。

【会社員さん向け】電子書籍を経費として会計処理する

会社員の方の場合は、電子書籍を経費として会計処理できるのかどうかは会社のルールをまず、確認する必要があります。経費として会計処理できると思っていたのに、財務部から指摘が入ったということにならないように、事前に確認しておくことが賢明ですね。しかし、ほとんどの会社の場合、業務に関わる書籍である場合、個人で電子書籍を購入して、領収書さえ会社に提出すれば、経費として会計処理することが可能です。しかし、電子書籍の読み放題サービスや単一の電子書籍であっても、会社の中で他の社員も閲覧することが難しく個人の所有となってしまう可能性があるという懸念から、電子書籍の購入を経費として会計処理できる否かではなく、会社のルールとして禁止している場合もあります。 

事前に中身をチェックしたい!電子書籍サイトのおすすめ

経費で電子書籍を購入できるとなれば、今度は電子書籍サイトなどで仕事に必要な本を探してみますよね。ですが、購入するときには中身を一度確認してから、必要なものかどうかを判断したいですよね。そこでおすすめなのが、電子書籍サイトの『モビぶっく』です。モビぶっくには、無料で試し読みできる漫画・コミックが揃っているので、一度中身を読んでから購入するかどうかを決めることができます。個人事業主さんや漫画家さんは、是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

電子書籍は経費として落とせるのか?

個人事業主の方や、作家さん、漫画家さんが電子書籍を経費として会計するのは、比較的簡単です。しかし、意外にも、会社員の方は、会社によってそれぞれ独自の社内ルールがある場合も多く、事前に会社のルールを確認してから電子書籍を購入した方が、賢明と言えます。また、電子書籍で漫画を購入される場合には、是非『モビぶっく』を利用してください。無料で試し読みできる漫画・コミックも豊富なので、購入の前に中身をチェックすることができますよ!

関連記事

浮気漫画まとめ!ハマると抜け出せない…厳選浮気漫画

ニート漫画まとめ!ニート漫画家・まめきちまめことは?

漫画実写化、成功作と失敗作の違いは?2020年実写化される少女漫...

世界史を漫画で勉強する!?世界史漫画と教科書の比較と無料で読む方...

漫画プロットとは?漫画プロットの書き方や便利なアプリなどをご紹介...

モビぶっく(Mobi-Book)は人気&話題の漫画(マンガ)・コミック/電子書籍読める総合書店です。

電子書籍の総合書店モビぶっくです。スマートフォン、タブレット、パソコンなどあらゆる端末で電子書籍がお楽しみいただけます。無料・試し読み漫画(マンが)が満載し、人気&話題のマンガ・無料コミックを毎週更新します。