坊や

電子書籍ならモビぶっく


電子書籍と紙の本。両方買う人たちはどう使い分けている?おすすめの電子書籍サイトは?

電子書籍化される紙の本!両方買う理由

今は紙の本以外に、電子書籍があります。スマートフォンやタブレットを持っている人が多いため、電子書籍を読む人も増えましたが、まだまだ紙の本の需要も残っています。中には紙の本と電子書籍を使い分けているという人もいますが、どうして両方買うのか?その理由と、使い分ける方法を紹介です。

電子書籍と紙の本を両方買う理由とは?

本を読む人の中には、電子書籍と紙の本を両方買う人がいます。本を読む方法が電子書籍と紙の本では違うため、両方買う人たちの中にはそれぞれ使い分けている理由があるようです。その両方買う意図とは何があるのでしょうか?

紙の本が電子書籍化されるから

最近では、紙の本で流行していた作品が、電子書籍化されることが多くなりました。自分の好きな作品が電子書籍化されることで、どこでも気軽に読めるということから両方買うという人たちもいます。反対に、電子書籍化されていても好きな作品だからこそ、紙の本として手元に残したいという人も両方買う層になります。

電子書籍は記憶に残りにくいから

電子書籍は、サラッと読めることから記憶に残りにくいと言われています。一方、記憶に残りにくい電子書籍に比べて、紙の本の方は活字を読むことで視覚も刺激され、記憶に残りやすいという話があります。手軽だから電子書籍を購入するけれど、記憶に残りにくいから紙の本で買い直すこともあり、結果的に両方買うという人もいます。

それぞれ読みづらい点、読みやすい点が違うから

電子書籍も紙の本も、どちらも読みやすい点と読みづらい点があります。電子書籍は画面に1ページずつ表示され、紙の本は見開きで2ページを見ることができます。本によっては1ページずつか見開きかによって、読みづらい点も出てくるかと思います。それぞれ読みやすい方で読むという人は、電子書籍も紙の本も両方買うのではないでしょうか。

論文でも取り上げられる電子書籍のメリットとは?

今では、論文でも取り上げられる電子書籍。では、論文でも取り上げられるほどの電子書籍には、どんなメリットがあるのでしょうか?やはり1番大きいのは、かさばらないということです。電子書籍のメリットは、出先で読める、持ち運びも便利、お家に収納するにしても、タブレット端末や電子書籍リーダーがひとつあれば大丈夫。紙の本のように、どんどん本がたまっていってスペースが…という悩みもでません。また、論文を読む人にとっても電子書籍は便利なのではないでしょうか。論文も電子書籍化されれば、省スペースになって本棚を占領することにはなりません。このようなメリットが、電子書籍の利用者の増加を促しているのではないでしょうか。

紙の本と電子書籍を使い分けるなら

では、紙の本と電子書籍を使い分けるには、どのように上手く利用すればいいのでしょうか?

紙の本と電子書籍の使い分け~漫画編~

漫画などの巻数が多いものに関しての紙の本と電子書籍の使い分けとしては、電子書籍がおすすめです。巻数がある漫画を読んでいるとき、読み終わって「続きが気になる!」と思うことはありませんか?そんなとき、紙の本で読んでいたら本屋まで行かないと続きを読むことができません。ですが、電子書籍なら続きが発売されているなら、すぐに次の巻を購入して読むことが出来るのです。しかも電子書籍なら、1巻目が無料で読める漫画もあるので、面白いか面白くないかの判断もできるところがポイントです。

紙の本と電子書籍の使い分け~小説編~

小説などのページ数が多いものに関しては、持ち運びの点を考慮すると、電子書籍がおすすめです。どんな小説も気軽に読めることがポイントです。しかし、好きな人の小説であるならば、紙の本で集めるのもコレクションとなっていいですよね。なので、好きな作家の小説は紙の本と電子書籍と両方買うなど、他の作家とは違った使い分け方をする人もいるでしょう。

紙の本と電子書籍の使い分け~雑誌編~

雑誌などの、紙の本と電子書籍の使い分けに関しては、電子書籍より紙の本がおすすめです。雑誌などは本の形式が決まっているため、見開きや、カラー、絵図も見やすいからです。ただ、雑誌は月刊で発行されるものが多いので、紙の本で買い続けていくと、どんどん溜まっていくというデメリットがあります。そのため、雑誌を買いためるタイプの人は電子書籍で購入するなど、使い分けている人もいるでしょう。

紙の本と電子書籍の使い分け~ビジネス本~

ビジネス本は中を試し読みしないと、自分にとって参考になる内容が載っているかどうかわかりませんよね。それならば、電子書籍で試し読みをするよりも、本屋で紙の本を手に取って確認する方が、欲しい本を確実に買えるかもしれません。ですが、紙の本はビジネス鞄に入れるとかさばるもの。内容を確認するのは本屋、実際に購入するのは電子書籍と使い分けている人が多いでしょう。ですが、最後に本を売ろうと思ったとき、電子書籍だと中古買取に出せないので、読んだあと手元に残す本は電子書籍、売る予定の本は紙の本と使い分ける人もいます。

紙の本と電子書籍の使い分けで読みづらいのは?

紙の本と電子書籍の使い分けをご紹介してきましたが、最近では、レンタルするタイプの電子書籍というのもあります。ですが、レンタル電子書籍には、レンタルCDなどのようにレンタル期間があるので、読み返すことが出来ず、読みづらいのが難点です。その点に関しては、電子書籍では読みづらいので、紙の本を選ぶ方がいいでしょう。

紙の本と使い分けるときに、おすすめの電子書籍サイトは?

では、紹介してきた内容をふまえ、紙の本と電子書籍を使い分けるときに、おすすめの電子書籍とはどのサイトなのでしょうか?ここでおすすめしたいのが「モビぶっく」というサイトの電子書籍です。ジャンルや作者、掲載雑誌や出版社など、検索方法も豊富で、とても使いやすいおすすめの電子書籍サイトです。メディア化されている漫画などもピックアップされているため、テレビなどで見て気になっていた作品も、簡単に読むことが出来ます。紙の本として少し買いにくい、TL・BLなども「モビぶっく」を使えば気軽に読むことができますよ。さらに漫画だけではなく、雑誌や書籍も取りそろえられているので、幅広い年齢層の方が使える電子書籍サイトとしておすすめです。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?紙の本と電子書籍の使い分けや、電子書籍のメリットや、おすすめサイトなどを紹介してきました。好き嫌いの個人差はあるでしょうが、上手く使うことで、通勤時間や無駄な出費などを抑える賢い使い方としては、活用してみるのもいいのではないでしょうか。

関連記事

ヤンデレ漫画を試し読みできる電子書籍サイトは?ヤンデレ漫画おすす...

漫画の名シーン画像って使っていい?おすすめ漫画の名シーン&名言ま...

ギャル漫画のおすすめランキング!人気ヒロインのギャル漫画とは?

少女漫画でエロキュン&ちょいエロのおすすめ作品まとめ

サッカー漫画おすすめランキング!最強イレブンの最強選手もご紹介!

モビぶっく(Mobi-Book)は人気&話題の漫画(マンガ)・コミック/電子書籍読める総合書店です。

電子書籍の総合書店モビぶっくです。スマートフォン、タブレット、パソコンなどあらゆる端末で電子書籍がお楽しみいただけます。無料・試し読み漫画(マンが)が満載し、人気&話題のマンガ・無料コミックを毎週更新します。